自分を輝かせる、羅針盤を手に入れよう

あなたが持つ原石を見つけ、磨き、そして活躍すべき場所へ届けます

モノゴトをやれるようにするためのお話し 仕事・ビジネスにまつわるお話し 自分と相手との相互理解を深める

人に動いてもらうために必要なこと

投稿日:

こんにちは、渡部敦志です。
今日は研修にまつわる話を
少々書きたいと思います。
研修にまつわる話ですが
「どうすれば人に動いてもらえるようになるか」
というお話です。
今日の研修は
プロジェクトマネジメントに関する内容が
メインテーマ
プロジェクトマネジメントを簡単に言うと
期間限定で集まったメンバーで
目標を達成するための作業を完遂できるようにするための
管理スキルや考え方のこと
このマネジメントを行う上で
必須となる考え方と、やるべきことについて
解説を加えながら、ワークで落とし込んでいく
ということを行っています。
このマネジメントスキル
(考え方とやるべきこと)
知っているともちろん大変役立つんですが
 
ただ、これを活かすためには
人対人の関わり方が
ちゃんとできていることが大前提となります
 
人対人の関わり方=信頼関係を構築できる関わり方、です
これがちゃんとできていて初めて
スキルや考え方が効力を発揮していきます
 
なんですが
まだまだスキルやテクニックで
なんとかマネジメントできる
このように勘違いしている人が
結構というか、かなりの割合でいらっしゃいます
 
 
こういったスキル系の研修をやればやるほど
「上手くやれる人ほど
 どのように関われば
 メンバーが動きやすくなるかを考えた
 コミュニケーションをとっている」
 
ということが良くわかります。
ちなみに
ここで言う動けない人というのは
次のような特徴をお持ちです
・物事を大きくとらえがち
・一人で抱え込んでしまう
・すぐ無理と決めつけてしまう
 
上手くやれている人は
そんな特徴を捉えているからこそ
次のような関わり方で
動けるように工夫しています
 
「モノゴトを大きくとらえがちな人」には
より細分化して考えられるように
コミュニケーションをとる
 
 
「一人で抱え込みがち」
「無理と決めつけがちな人」には
今の状況を見える化する作業を
同じ目線に立って
いわゆる「横の関係」で一緒になって考える
 
 
両方に共通するのは
 
相手の立場に立って
考えて、感じてから
どのように接すれば良いかを決めている
 
ということ
 
スキル系の研修も良いですが
こういった
人対人のコミュニケーションを
大切にするためのトレーニング(研修)も
今後やっていく予定です。

-モノゴトをやれるようにするためのお話し, 仕事・ビジネスにまつわるお話し, 自分と相手との相互理解を深める

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

「自分がやりたいこと」 やれていますか?

こんにちは、渡部敦志です。 このところ、自分の事を振り返る時間をとっています。 特に、生き方と仕事を変えてきた この5年間の事が中心になっています コーチング ワークショップ セミナー 企業研修 など …

【伝えるちから】何を話せば良いかわからなくなったとき

こんにちは、渡部敦志です   今日は「伝えるちから」 いわゆるプレゼンテーションのお話です。   プレゼンテーションと言っても 色々な内容がありますよね。   例えば・・ …

仕事で、指導力をうまく発揮できない時のお話

こんにちは!渡部です   今日の研修は 「部下指導のためのコミュニケーションスキルを学ぶ」 でした 自分がお気に入りのもののひとつです(^^♪   プログラムを事前に用意して 時間 …

どっち? 先生の教える方法か、身近にあるすぐやれる方法か

こんにちは!渡部です(^^   企業研修をやっていると、参加者の皆さんがお持ちの課題に対して、その課題をどうやればクリアできるかについて、一緒に考えることがたくさんあります。   …

物事がうまくいっている人の頭の中の言葉

コーチングセッション中に クライアントさんが繰り返し話す言葉は その人が何を大切にしているかを教えてくれます   物事がうまくいっている人 人をうまく巻き込むことができている人 想像以上の成 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。