人に動いてもらうために必要なこと

こんにちは、渡部敦志です。
今日は研修にまつわる話を
少々書きたいと思います。
研修にまつわる話ですが
「どうすれば人に動いてもらえるようになるか」
というお話です。
今日の研修は
プロジェクトマネジメントに関する内容が
メインテーマ
プロジェクトマネジメントを簡単に言うと
期間限定で集まったメンバーで
目標を達成するための作業を完遂できるようにするための
管理スキルや考え方のこと
このマネジメントを行う上で
必須となる考え方と、やるべきことについて
解説を加えながら、ワークで落とし込んでいく
ということを行っています。
このマネジメントスキル
(考え方とやるべきこと)
知っているともちろん大変役立つんですが
 
ただ、これを活かすためには
人対人の関わり方が
ちゃんとできていることが大前提となります
 
人対人の関わり方=信頼関係を構築できる関わり方、です
これがちゃんとできていて初めて
スキルや考え方が効力を発揮していきます
 
なんですが
まだまだスキルやテクニックで
なんとかマネジメントできる
このように勘違いしている人が
結構というか、かなりの割合でいらっしゃいます
 
 
こういったスキル系の研修をやればやるほど
「上手くやれる人ほど
 どのように関われば
 メンバーが動きやすくなるかを考えた
 コミュニケーションをとっている」
 
ということが良くわかります。
ちなみに
ここで言う動けない人というのは
次のような特徴をお持ちです
・物事を大きくとらえがち
・一人で抱え込んでしまう
・すぐ無理と決めつけてしまう
 
上手くやれている人は
そんな特徴を捉えているからこそ
次のような関わり方で
動けるように工夫しています
 
「モノゴトを大きくとらえがちな人」には
より細分化して考えられるように
コミュニケーションをとる
 
 
「一人で抱え込みがち」
「無理と決めつけがちな人」には
今の状況を見える化する作業を
同じ目線に立って
いわゆる「横の関係」で一緒になって考える
 
 
両方に共通するのは
 
相手の立場に立って
考えて、感じてから
どのように接すれば良いかを決めている
 
ということ
 
スキル系の研修も良いですが
こういった
人対人のコミュニケーションを
大切にするためのトレーニング(研修)も
今後やっていく予定です。
体験セッション受付中
僕、渡部敦志のお仕事のひとつ
メンタルコーチ

セッションとは行っていますが、どちらかというと、僕と一緒に話をする時間を持っていただきているのですが・・・

たったそれだけで、モノゴトが着実に前に進むようになる、との感想を良くいただきます

もし今、なんらかの課題・壁にトライしているのなら、一度この「セッション」を体験してみませんか?

詳しくは、「体験セッション」のページから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。