【伝えるちから】何を話せば良いかわからなくなったとき

こんにちは、渡部敦志です

今日は「伝えるちから」

いわゆるプレゼンテーションのお話です。

プレゼンテーションと言っても

色々な内容がありますよね。

例えば・・・

社長に新しい提案をする

役員相手に現状報告

採用予定者相手に事業内容の紹介

お客さまにサービスの提案

などなど・・・。

そんなプレゼンテーションの内容を考えるのって

結構大変と思う事ありません?

資料作成に、話す内容に

資料ができたからといって

そのまま話をすればよいってものでもないし

話す内容を

そのまま資料にすればいいってもんでもないし

僕もこれ、苦手でした・・・(^^;;;

こんな、とても大変なプレゼンテーションの準備

もっと簡単に

もっとスピーディーに

もっと楽~にできたとしたら

どうでしょう?

そのためのポイントが2つあることに

気が付いたんです。

そう、たったの2つ。

あ、もしかしたら3つかも(笑)

ちょっと整理して

またこちらにアップしようと思います。

知りたいという方

Facebookでも良いので

コメントください(笑)

それでは、また!

体験セッション受付中
僕、渡部敦志のお仕事のひとつ
メンタルコーチ

セッションとは行っていますが、どちらかというと、僕と一緒に話をする時間を持っていただきているのですが・・・

たったそれだけで、モノゴトが着実に前に進むようになる、との感想を良くいただきます

もし今、なんらかの課題・壁にトライしているのなら、一度この「セッション」を体験してみませんか?

詳しくは、「体験セッション」のページから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。