仕事で、指導力をうまく発揮できない時のお話

こんにちは!渡部です

今日の研修は

「部下指導のためのコミュニケーションスキルを学ぶ」

でした
自分がお気に入りのもののひとつです(^^♪

プログラムを事前に用意して

時間も考えてやるんですけどね

参加くださっていた皆さんの雰囲気から

最後に予定していたロールプレイングワークをぶっちしてしまいました

しまいました、といいながら

やらなくてよかった、と後から思っております(^^;;

ロールプレイングワークやるくらいなら

その場で参加者の皆さんが感じていることに対して

自分が喋りまくって(笑)

徹底的にフォローというか勇気づけというか

その方がえんちゃうかな~

という直観に従ったのが良かったようです

そして

講師は講師を務めながら

実は一番自分が学ぶ事が出来るということについて

凄くよく理解できた1日でもありました

自分が講師というお仕事を通じて

伝えたいことややりたいことが

話せば話すほど明確になっていく感じ

そのキーワードは

  • 「自分で動けない人の引っ掛かりどころ」
  • 「自分で考えない人の引っ掛かりどころ」
  • 「承認力の発揮」
  • 「動けない人、考えない人の勇気づけ」
  • 「一緒にモチベーション発掘しにいこう」
  • 「最初の一歩の踏み出しどころの見つけ方」

これが見えてくるようになると

部下指導、とても面白いものになるんじゃないでしょうか

もっともっと話してみたい内容です

オフィス羅針盤の企業研修icon_link

体験セッション受付中
僕、渡部敦志のお仕事のひとつ
メンタルコーチ

セッションとは行っていますが、どちらかというと、僕と一緒に話をする時間を持っていただきているのですが・・・

たったそれだけで、モノゴトが着実に前に進むようになる、との感想を良くいただきます

もし今、なんらかの課題・壁にトライしているのなら、一度この「セッション」を体験してみませんか?

詳しくは、「体験セッション」のページから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。